必見!うつ病に効く食べ物とは?

必見!うつ病に効く食べ物とは?の詳細

必見!うつ病に効く食べ物とは?

心療内科・精神科で処方された薬のために、様々な副作用が報告されています。

病院に行っても多くの場合、治療は「今日はこの薬を処方してみましょう」、
「効かない?では今度はこの薬を・・・」というあんばいで、延々と続く薬探しの旅路のようにも感じられます。

何とかなりたい一心で飲んだ薬なのに、健康被害を受けてしまうことも悲しいことです。
脳に作用する薬は、薬害と紙一枚の差なのかもしれません。

安定した状況を保ちつつも、少しでも減薬できるようにしたいものです。
そのためにサプリメントを利用するのは、薬を取り続けるよりもはるかに安全な方法といえるでしょう。
向精神薬から身を守るためにも、自分の本来持つ治癒力を活性できるようになりたものです。

最近では、心の病の多くは、遺伝なのではなく栄養欠損だった…ということが取り沙汰されるように
なってきました。心の働きに大きくかかわる脳内の神経伝達物質は、私たちが
毎日食べる栄養素によってつくられているからです。

うつ病には種類があります。

例えば・・・
・セロトニンが不足すると、体温調節がしにくくなり、気分が落ちこみや不眠、不安、イライラなどの
症状が起こり攻撃的になる場合もあります。片頭痛やてんかん、パニックなどの精神機能の低下のほか、
・アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンが不足すると、活力が低下し物事に対してやる気が
なくなったり、疲労、睡眠過多などの症状が現れます。

何が原因で、うつ症状がでているのかということは試行錯誤しなければ、なかなかわかりません。
うつ病になると、不足しがちになると言われている栄養素は

<ビタミン・ミネラル類>

・ビタミンB1、B2、B6、B12
・葉酸
・鉄
・亜鉛

<脂肪酸類>

・ドコサヘキサエン酸(DHA)
エイコサペンタエン酸(EPA)

<アミノ酸類>

・トリプトファン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・チロシン

人により、脳の状態も千差万別。このほかにも脳に良いとされるさまざまな栄養素が出回っています。
少しでも皆様の原因究明と必要な栄養素の特定のお役に立てればと思っています。

スポンサードリンク

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事

  1. ホスファチジルセリンとは? 記憶力低下を抑え、脳を若返らせる成分 ホスファチジルセリンは、全身の…
  2. 漢方は中国で生まれた中医学・東洋医学から発達した体系医学です。体全体の調子を整え、病気を治していくの…
  3. メラトニンとは? メラトニンはN-アセチル-5-メトキシトリプタミンという私たちの体内に存在する天…
  4. SAMe(サミー・S-アデノシルメチオニン)とは? SAMe(サミー)は、私たちの身体に存在す…
  5. コリンとは? コリンは、体内でも合成される水溶性ビタミンBの一種で、細胞膜を構成するレシチンや神経…
ページ上部へ戻る