フェニルアラニンの効能・効果のご紹介

フェニルアラニンの効能・効果のご紹介の詳細

フェニルアラニンとは?

食事からしか摂取できない必須アミノ
フェニルアラニンとは、必須アミノ酸のひとつで、食事から栄養分として摂取しなければならない成分です。肝臓でチロシンに変換され、ノルアドレナリンやドーパミンなどの興奮性の神経伝達物質をつくり出します。精神を高揚させ、血圧を上げる作用や、記憶力を高める効果などを持っています。

フェニルアラニンの効果

フェニルアラニンは必須アミノ酸のひとつで神経細胞の信号伝達を行う神経伝達物質です。フェニルアラニンからはメラトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、チロキシンなどのホルモンに変換・転換されます。ノルアドレナリンやドーパミンなどになると、精神の高揚や血圧の上昇効果を発生させます。過剰摂取をすると高血圧となって心臓病や妊婦の方には危険なアミノ酸です。しかし、うつ病傾向の方や肥満の方、筋肉に病気のある方はフェニルアラニンを摂取することが好ましいとされています。フェニルアラニンからはDLフェニルアラニンが化学合成でき、鎮痛剤として関節痛、リウマチ、外傷、偏頭痛などの慢性的な痛みを緩和する目的で使用されます。よってアスピリンなどの鎮痛剤から効果を得られない人にも重宝されています。肥満対策として、フェニルアラニンはアスパルテームという甘味料の材料になり、食欲の抑制効果が見込まれます。このアスパルテームはダイエット商品には良く使用されている甘味料です。フェニルアラニンはうつ病の治療にも使用されることがあり、記憶力だけでなく、注意力、学習能力を向上させる働きもあります。フェニルアラニンはさらに恋愛中に放出が頻繁になるため恋愛物質と呼ばれています。
フェニルアラニンが不足すると、無気力感や疲労感が増し、睡眠過多になります。さらには記憶力の低下やうつ病の発症などの弊害も起こります。カテコールアミンと呼ばれる興奮性伝達物質は、フェニルアラニンとチロシンから作られます。フェニルアラニンなどの必須アミノ酸は1種類だけ摂取すればいいのではなく、9種をそれぞれバランスよく摂取することが大切です。うつ病予防としてフェニルアラニンからドーパミンなどの伝達物質が不足しないような食事を心がけるといいでしょう。

フェニルアラニンの摂取量目安

500 mg を毎日摂取することからはじめ、必要に応じて 1 日の摂取量を 2~3 g に増やす。

フェニルアラニンを多く含む食材

肉類、鰹節、チーズ、牛乳、卵黄などの乳製品の他、バナナ、ピーナッツ、タケノコなどにも多く含まれています。

フェニルアラニンの副作用

フェニルアラニンには血圧を上げる作用があり、過剰摂取することで血圧が上がり過ぎる危険性があります。そのため、妊娠中の女性、皮膚がん、フェニルケトン尿症の方はフェニルアラニンの摂取を制限する必要があります。また、高血圧、心臓病の方もフェニルアラニンの使用は医師に相談する必要があります。

スポンサードリンク

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

関連記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新記事

  1. ホスファチジルセリンとは? 記憶力低下を抑え、脳を若返らせる成分 ホスファチジルセリンは、全身の…
  2. 漢方は中国で生まれた中医学・東洋医学から発達した体系医学です。体全体の調子を整え、病気を治していくの…
  3. メラトニンとは? メラトニンはN-アセチル-5-メトキシトリプタミンという私たちの体内に存在する天…
  4. SAMe(サミー・S-アデノシルメチオニン)とは? SAMe(サミー)は、私たちの身体に存在す…
  5. コリンとは? コリンは、体内でも合成される水溶性ビタミンBの一種で、細胞膜を構成するレシチンや神経…
ページ上部へ戻る